二重まぶた

二重まぶた
生まれたばかりの赤ちゃんの頃から二重まぶたであればいいね、と言われる事もあるみたいです。

しかし、赤ちゃんが成長して子供になり、そして大人になるまでに容姿は大きく変化します。

その間にまぶたの状態も変化する事があります。生まれたばかりの頃は一重まぶたでも次第に二重まぶたへとなった人もいます。

また、高齢になると何もしなくても自然と二重まぶたになる人も多い様です。必ずしも生まれた時の状態がそのまま大人になるまで続くという分けではないようです。

きれいな二重まぶたになりたいと思っている場合

きれいな二重まぶたになりたいと思っている場合は、化粧品を最初に試してみると手軽でいいでしょう。万が一、気に入らない時でも化粧は落とせば元に戻せます。

しかし、整形手術をいきなりおこなってしまうと、元に戻せなくなってしまいます。化粧でも全く不自然さを感じさせない様なきれいな仕上がりになる場合もあります。

そのため、一度二重まぶたの化粧は試してみる価値はあるのではないでしょうか。美容整形を行う予定の人でも、その前に実験的に化粧をしてみてはどうでしょうか。

あなたに合った二重整形

目元はその人を印象づけるポイントになります。日本人に多いと言われている一重瞼にコンプレックスを持ち、二重整形を検討される方もおられるでしょう。二重整形には主に、「埋没法」と「切開法」があります。

埋没法は、手軽さから「プチ整形」とも言われています。髪の毛より細い糸で、瞼の裏側からヒダを作る方法。一方、切開法は、瞼の裏側を希望の二重ラインに沿って切開し、縫い合わせる方法。

どちらも日帰りで行うことができます。いずれも痛みが少ないため手軽に行えますが、人によっては、腫れが出たり、内出血を起こしたりする可能性があることも知っておきたいポイントです。

二重整形には埋没法と切開法がある

生まれつきの目の形を変えたり、理想的な目を手に入れるために行う手術を二重整形といいます。コンプレックスを解消する有効な手段です。埋没法と切開法の2種類があり、埋没法はプチ整形といわれているものでメスを使いません。

切開法は全切開と部分切開があり、メスを使う手術です。二重にもデザインがあり、平行型や幅広平行型、末広型など色々あります。なりたい目にできる限り近づけるため、埋没法や部分切開、目頭切開など複数の方法を組み合わせることもあります。埋没法は、比較的気軽にすることができ、費用も手頃なので、若い世代にも人気がある二重整形です。

気軽に受けられる二重整形の種類

二重整形の中でも気軽にできるのが埋没法で、大きく切開することがないので、整形が初めてという人や不安が大きいという人でも抵抗なく受けられることで人気を集めています。

埋没法には、希望の二重のラインに合わせて瞼板に糸を結び付ける瞼板法と、希望の二重のラインに合わせて挙筋という筋肉に糸を結び付ける挙筋法の2種類があります。瞼板法は、安定した二重を作ることができ、術後時間が経過しても二重幅が狭くなったり、なくなったりすることが少ないメリットがあります。挙筋法は、瞼板法と比較して奥の方で糸を結び付けるので、糸が取れにくいというメリットがあります。

二重整形を大阪、東京でするなら

美容整形、美容外科kunoクリニック大阪、東京

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 【脂肪吸引】
http://bust.k-biyou.com/ 【豊胸手術・脂肪注入】
http://nose.k-biyou.com/ 【鼻整形・隆鼻】
http://eye.k-biyou.com/ 【二重整形・二重まぶた】

二重整形に関する記事

豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成したものではありません。間違っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報は参考程度にご利用ください。