プチ整形である二重整形について

美容整形のなかでも、一番のニーズがある施術方法が二重整形になります。このまぶたを二重にする方法には大きく分けて2種類の方法があり、埋没法と切開法の施術方法があります。

そのなかでも埋没法はプチ整形とも呼ばれていて、多くの人が受けている施術になります。メスを使用しませんので身体への負担も軽く、料金もリーズナブルなことがあげられます。

美容整形に抵抗があるような人においても、受けやすい施術だと言えるでしょう。まぶたを二重にするだけで、顔の印象は明るくなりますので、整形のなかでもおすすめの施術方法になります。

若き日の二重整形、年老いても美を追求

若い時に自分で選んで美容整形で二重整形を受けた人も、受けていない人と同じように老いていきます。政府の方針により、病院から在宅に医療の形がシフトしています。美容外科は、ケガや病気を治療するのではないので、必要な時、希望した時に訪れます。

ケガをすると完治することを目的に治療を進めますが、美容外科は希望や理想の形になることを目標にします。理想の形といっても、全てのケースで叶えられる訳ではありません。骨格、体調などと勘案して、医師とのカウンセリングで決めていきます。施術は種類が増えているので、選択の幅も広がっています。

美容整形の二重整形手術は正直痛いですか?

二重まぶたに憧れて、美容整形クリニックに行って二重整形をしたいと考えていても、痛いのではないかと不安があるので踏み切れないという人も多いです。

もちろんどのような方法で二重まぶたにするのかによっても多少の違いがあるのですが、基本的にはメスで切開する場合なら麻酔をするため、その時に患部に針を刺す時にチクリと感じる程度です。

そのため手術では痛みがないことがほとんどですし、腫れに関しても二三日で治まるため、すぐに普段の生活が戻れます。もしも我慢できないのであれば、たいていは痛み止めの薬を処方してもらえるので安心です。

二重整形の手術の傷跡はどれくらい?美容整形クリニックで差がでるもの?

二重整形は、他の美容整形と比べて、費用が比較的安価で、整形に要する時間も短く、気軽に受けることができるのが魅力的な整形方法です。 二重整形の傷跡は、二重まぶた切開法と呼ばれる、まぶたの皮膚を切開する手術法で整形した場合は残りやすく、二重まぶた埋没法と呼ばれる、細い糸を、皮膚の下に埋め込んで二重を造形する方法では、一定期間経過すれば、傷跡はほとんど目立ちません。

上記2つの手術法は、美容整形クリニックによって、術式が違うケースもあり、実際に手術を行う整形医の技術力に左右される部分もありますので、実際に手術を受ける際には、事前にクリニックの評判などをじっくり調べた方が良いでしょう。

二重整形を大阪、東京でするなら

美容整形、美容外科kunoクリニック大阪、東京

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 【脂肪吸引】
http://bust.k-biyou.com/ 【豊胸手術・脂肪注入】
http://nose.k-biyou.com/ 【鼻整形・隆鼻】
http://eye.k-biyou.com/ 【二重整形・二重まぶた】

二重整形に関する記事

豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成したものではありません。間違っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報は参考程度にご利用ください。